ISO認証取得

ISOとは国際標準機構(International Organization for Standardization)の略称で、国際的に通用する規格や標準を制定するための国際機関として1974年に設立されました。 その中で当社は「品質マネジメントシステム」を定めたISO9001及び「環境マネジメントシステム」を定めたISO14001を認証取得、また関連会社も同様に取得しており、統一の基準とシステムに従った指導と監査を行い、グループ全体で品質及び環境に関しての管理ができる体制にしています。
ISO 9001
製品のみならず組織の品質、また活動工程の確かさを高いレベルで実現するために求められる「顧客の立場に立った要求事項」を規定した国際規格です。
当社では、顧客満足度の向上、組織の継続的改善を目標に2000年4月に認証を取得致しました。「品質方針」に基づき、計画・実行・点検・改善を基調とした、より効果的な品質マネジメントシステムを構築し、その確実な実施に努めることで顧客満足の向上を図り、その基盤となる技術/技能の向上を計画的に推進しています。
セイホ工業株式会社は、創意工夫と確かな技術で顧客満足の向上、
改善を図るため以下の活動を実施する。
1. 規制要求事項の順守
法規法令、規制、条例、及び顧客のニーズと期待を適確に把握し、遵守する。
2. 事故・不適合品・苦情の皆無を目指す
計画・実行・点検・改善を基調とした、より効果的な経営システムを構築し、その確実な実施につとめ、事故、不適合品、苦情の皆無を目指す。
3. 目標の設定と継続的な改善
技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき目標を定め、その達成に向け計画を立案し、実施し、成果を評価し、方針、目標が継続して適切であるように定期的な見直しを行い、合理化のための社内の諸活動を推進し、経営システムの充実・強化を図る。
4. 利益向上を目指す
事業収益力の向上のため、継続的な見直しを行い収支計画の達成につとめる。
5. 技術力・自覚を高める
各種社外研修への参加、資格試験の取得およびOJTの実施により、より高い技術力の育成および能力開発に取り組むと共に、すべての階層の人々は、自らの役割の重要性を認識し、責任を持って行動する。
ISO 14001
「組織活動が環境に及ぼす影響を最小限にくい止めることを目的」に発行した規格であり、地球規模で環境保全が叫ばれる中、世界中で高い評価を得ている規格です。
当社は、環境保全を全社的な課題とし、全ての従業員が環境改善に係わる活動に取り組むためのシステムの構築を目標とし、2003年7月に認証を取得致しました。「環境方針」に基づき全部門においてこの規格に従った環境マネジメントシステム運用実施するとともに、遵法精神の徹底及び環境負荷への低減を推進しています。
セイホ工業株式会社は、自らの事業活動を通じて地域社会のみならず
地球規模全体における環境影響に配慮し、環境保全活動を積極的に
実施するため以下の活動を実施する。
1. 規制要求事項の順守
顧客要求事項、法規法令、規制、条例、その他の合意事項を遵守するのみならず、自主的な環境管理基準を策定し、環境汚染の未然防止を図る。
2. 事故・苦情の皆無を目指す
計画・実行・点検・改善を基調とした、より効果的な経営システムを構築し、その確実な実施につとめ、事故、苦情の皆無を目指す。
3. 目標の設定と継続的な改善
技術的・経済的に可能な範囲で達成すべき目標を定め、その達成に向け計画を立案し、実施し、成果を評価し、方針、目標が継続して適切であるように定期的な見直しを行い、環境影響負荷の低減につながる諸活動を推進し、経営システムの充実・強化を図る。
4. 環境負荷の低減と従業員への自覚
全社員に対し、資源およびエネルギーの有限性を深く自覚させ、それらを効率的に利用し、節約およびリサイクルに積極的に取り組み、環境負荷の低減と環境汚染の予防につとめる。